メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  家庭医そんそんの「対話」のススメ »  【其の四】海外の家庭医の診察室「構造」に学ぶ

家庭医そんそんの「対話」のススメ 家庭医そんそんの「対話」のススメ

【其の四】海外の家庭医の診察室「構造」に学ぶ

 2016年07月15日 15:45
プッシュ通知を受取る

 今回は、海外の家庭医の診察室を紹介し、診察室の構造と患者-医療者間のコミュニケーションについて考えてみたいと思います。

 2012年の統計によると、オランダでは医師全体の約40%、イギリスでは約30%を家庭医が占めています。患者が最初に受診するのは家庭医が圧倒的に多いため、欧州や北米の家庭医は、ありとあらゆる日常的な健康問題に対応できるようにトレーニングを受けています。乳幼児から高齢者にわたり、急性・慢性疾患やメンタルヘルス、性に特有の問題、緩和・終末期ケアまでを扱う家庭医は、幅広い状況に対応するために知識や技術だけでなく、高いコミュニケーション能力が求められます。では、コミュニケーションの観点から見た、海外の家庭医の診察室をのぞいてみましょう。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  連載・特集 »  家庭医そんそんの「対話」のススメ »  【其の四】海外の家庭医の診察室「構造」に学ぶ

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外