メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  30年ぶりに承認された新規便秘治療薬ルビプロストン、その効果は?

ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器)

30年ぶりに承認された新規便秘治療薬ルビプロストン、その効果は?

慶應義塾大学医学教育統轄センター 鈴木秀和

 2016年07月26日 13:20

研究の背景:全身への影響少ない、新しい作用機序

  ルビプロストンは、クロライドチャネルアクチベーターであり、「上皮機能変容薬」や「消化管分泌促進薬」と称され、小腸上皮細胞の管腔側に存在する2型クロライドチャネル(ClC-2)を活性化し、 腸管内に浸透圧性に水分泌を促進することで軟便化し、腸管内の便輸送を促進する薬剤である(Am J Physiol Cell Physiol 2002; 282: C805-C816 Am J Physiol Cell Physiol 2004; 287: C1173-C1183)。わが国では、実に30年ぶりに承認された新規の慢性特発性便秘の治療薬である。

  ルビプロストンの作用機序は、慢性特発性便秘(CIC)や便秘型過敏性腸症候群(IBS-C)の治療に使われる他の薬剤とは異なっている。二環系脂肪酸プロスタグランジンE1の新たなクラスの薬剤として、ルビプロストンは腸上皮の管腔側の膜のClC-2を活性化、腸管腔内にクロライドに富んだ液体を分泌し、その結果、腸管運動を促進する。亢進した腸管運動により便排泄が促進される。管腔側に作用するという性質から吸収されにくく、そのために全身性に影響することが最小限であり、血漿中で検出されることはまれである。 今回は、CICとIBS-Cの治療におけるルビプロストンの有効性と安全性を評価したシステマティックレビューとメタアナリシスをみつつ、便秘における、同薬の現状を考察したい(Mayo Clin Proc 2016; 91: 456-468)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  30年ぶりに承認された新規便秘治療薬ルビプロストン、その効果は?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10504144 有効期限:10月末まで