メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  表現の"プロ"が描く疾患の裏側

Culture Review みる よむ まなぶ Culture Review みる よむ まなぶ

表現の"プロ"が描く疾患の裏側

【Culture Review】書籍『脳が壊れた』鈴木大介著

 2016年08月02日 06:15
プッシュ通知を受取る

 患者の体験記は医療者が見る疾患の側面とは正反対の視点から語られたものだが、近年はそう珍しいものでもなくなった。しかし、ルポライターという表現者の「プロ」が書いたものならばどうなろうか。医療者にぜひとも読んでほしい患者の体験記を著者インタビューを交え、紹介する。

脳が壊れた

鈴木大介著、新書判、233ページ、定価760円+税、新潮社、2016年6月刊

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

全国的に真夏の暑さ。猛暑日の所も。先生の熱中症対策は?

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  表現の"プロ"が描く疾患の裏側

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R05504242 有効期限:5月末まで