メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】深い持続的鎮静

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】深い持続的鎮静

Continuous Deep Sedation;CDS

 2016年08月22日 07:00
プッシュ通知を受取る

 鎮静とは、標準的な治療で緩和できない、耐え難い苦痛が存在する場合に、症状緩和のための最後の手段として行われる治療法。意識の低下を一定期間もたらした後に薬剤を中止・減量することで意識が低下しない時間を確保する"間欠的鎮静"と、中止する時期をあらかじめ定めずに意識の低下を継続して維持する"持続的鎮静"に分けられる。鎮静水準の深さの違いによってさらに細かく分けることができ、"浅い間欠的鎮静" "深い持続的鎮静(CDS)"などと表現される。浅い間欠的鎮静は、夜間のせん妄症状をコントロールする際などに行われる。一方で、CDSは倫理的な面から議論の対象となってきた。(関連記事

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】深い持続的鎮静

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11504376 有効期限:11月末まで