メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  「日本人でも糖質制限食は有効」再び

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

「日本人でも糖質制限食は有効」再び

順天堂大グループから新たなエビデンス
北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2016年08月22日 07:00

研究の背景:日本人糖尿病患者に対する食事療法の目的は肥満の解消とされている

 糖質制限食は現在、世界的には糖尿病治療において選択肢の1つとされている(Diabetes Care 2013;36:3821-3842)が、日本糖尿病学会の「糖尿病診療ガイドライン2016」の食事療法の項(p37~66)では取り上げられてはいない。それは、このガイドラインにおける糖尿病食事療法の目的が「肥満を解消」することにあり、そのためには「総エネルギー摂取量の適正化」が最重要とされているからである。

 しかし、個人的には、日本人が糖尿病を発症する際に肥満を合併している人が少ない(平均BMI24.4;J Diabetes Investig 2015;6:289-294)ことを考えると、肥満の解消を食事療法の目的と設定することに不安を抱かざるをえず、また糖質制限食指導により体重の有意な減少を来たさなくてもHbA1cを改善させうることを私たちがランダム化比較試験で示し(Intern Med 2014;53:13-19)、本欄で「日本人でも糖質制限食は有効」としてご紹介した(関連記事)。これから先、日本においては食事療法の目的から考え直す議論が必要だと思っている。

 そんな中、BMI23超に限定した日本人2型糖尿病患者において、糖質制限食指導がカロリー制限食指導と比較して、HbA1cの改善にも肥満の改善にも有効性が高かったという論文が順天堂大学のグループから報告された(Clin Nutr 2016年7月18日オンライン版)。仮に、肥満を解消することを糖尿病食事療法の第一義に置いたとしても、糖質制限食指導が優先されるべきであることを示唆する重要なデータと考えご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  「日本人でも糖質制限食は有効」再び

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10504441 有効期限:10月末まで