メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  オプジーボ承認から2年

編集こぼれ話 編集こぼれ話

オプジーボ承認から2年

 2016年08月23日 07:05
プッシュ通知を受取る

 免疫チェックポイント阻害薬は、その画期的な作用機序から多くのがん種への効果が期待されていますが、国産の免疫チェックポイント阻害薬であるニボルマブ(商品名:オプジーボ)は、2014年7月に世界で初めて、根治切除不能な悪性黒色腫(メラノーマ)を適応として日本で承認されました。同薬が承認された当日、私は都内で開催された第30回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会を取材していたのですが、そのシンポジウムの途中で、「速報!」というスライドとともに承認がアナウンスされ、会場が盛り上がったことが記憶に残っています。悪性黒色腫では"暗黒の時代"ともいわれるほど長い間有効な治療薬がなかった中で、ニボルマブの登場は大変注目を浴びました。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  オプジーボ承認から2年

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R08504481 有効期限:8月末まで