メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  がんトピックス »  (3)大腸がん StageⅣ大腸がんの細分類を考える

がんトピックス がんトピックス

(3)大腸がん StageⅣ大腸がんの細分類を考える

 2016年08月26日 07:25

 近年、手術手技の向上や新規抗がん薬治療によりStageⅣ大腸がんに対する治療戦略は多様化している。2010年に国際対がん連合(UICC)が発行した「TNM分類第7版」(以下、UICC TNM)では、遠隔転移(M1a、M1b)と病期(StageⅣa、Ⅳb)が細分類され、2013年に大腸癌研究会が発行した「大腸癌取扱い規約第8版」(以下、取扱い規約)でも遠隔転移を細分類。遠隔転移を領域リンパ節以外の全ての転移と定義し、1臓器の遠隔転移(M1a)と2臓器以上の遠隔転移(M1b)とに細分類しているが、UICC TNMとは若干の相違が見られる。StageⅣ大腸がんに対する転移巣切除や化学療法の有用性が証明されつつあり、国内でもStageⅣ細分類の必要性が考慮されている。StageⅣ大腸がんの細分類に関する2件の検討成績を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  がんトピックス »  (3)大腸がん StageⅣ大腸がんの細分類を考える

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10504487 有効期限:10月末まで