メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  ランニングは胃食道逆流にどのように影響するか?:アスリートの消化管機能の変化

ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器)

ランニングは胃食道逆流にどのように影響するか?:アスリートの消化管機能の変化

慶應義塾大学医学教育統轄センター 鈴木秀和

 2016年09月01日 07:25

研究の背景:運動による胃食道逆流症状がパフォーマンスにも影響?

 ブラジル・ リオデジャネイロオリンピック、そしてパラリンピックと、世界中の注目は連日、スポーツに集中している。スポーツは生体に極度の負荷をかけるものでもあるが、それによる消化管への影響についての研究はいまだ多くない。シンクロナイズドスイミングの団体での銅メダル、デュエットでの銅メダル獲得は、井村雅代ヘッドコーチの厳しい指導があってのものであることが連日、報道をにぎわした。「ハイポキシック」と呼ばれる低酸素状態の極限まで挑戦する選手たちのトレーニングは、日頃の訓練をしていない普通の人がやればすぐに病気になるようなレベルかもしれない。しかし、彼女らは病気になるわけではない。日常のトレーニングがそれに打ち勝つアダプテーションを生んでいると考えるべきであろう。

  スポーツによる内臓への影響について、心血管系に注目が集まりがちであるが、副交感神経臓器ともいわれる消化管も忘れてはいけないと思う。消化管症状のうち胸やけ・呑酸に代表される胃食道逆流症状は、スポーツ選手の間では頻繁にある症状であり、それによって選手のパフォーマンスに負の影響があることも考えられている(JAMA 1989; 261: 3599-3601Med Sci Sports Exerc 2003; 35: 730-735Am J Gastroenterol 2004; 99: 1430-1436Am J Gastroenterol 2016; 111: 947-948)。しかし、運動中の過剰な逆流の機序については、これまでに十分に解明されてきたとはいえず、不明な部分も多い。最近、オランダのAcademic Medical CenterのHerregodsらがランニング運動と胃食道逆流についての興味深い研究データを発表したので(Am J Gastroenterol 2016; 111: 940-946)、紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  ランニングは胃食道逆流にどのように影響するか?:アスリートの消化管機能の変化

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10504504 有効期限:10月末まで