メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  アセトアミノフェンと喘息の関係、疑い晴れる?

編集こぼれ話 編集こぼれ話

アセトアミノフェンと喘息の関係、疑い晴れる?

 2016年09月07日 07:20
プッシュ通知を受取る

 100年以上の歴史を誇り、小児から高齢者まで広く使用されているアセトアミノフェン。他の解熱鎮静薬に比べると特に安全面で評価の高い薬剤ですが、2000年、英国の症例対照研究で同薬の頻回使用が健康な成人の喘息発症リスクや喘息患者の増悪リスクに関係していたと報告されたのをきっかけに、同薬と喘息の関係について疑いが浮上。その後、複数の観察研究で妊娠中に同薬を使用した母親から生まれた児を含む小児や成人で同様の関係が確認され、特に喘息の小児には同薬の使用は控えるべきとする意見も聞かれるようになりました。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  アセトアミノフェンと喘息の関係、疑い晴れる?

error in template: found but mtif was expected