メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】ホットバルーン

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】ホットバルーン

 2016年09月10日 07:00
プッシュ通知を受取る

 葉山ハートセンター(神奈川県)の佐竹修太郎氏を中心に開発された世界初の高周波を利用したアブレーションシステム。通常のアブレーションでは先端電極が直径4mmまたは8mmのカテーテルで焼灼するのに対し、ホットバルーンではバルーン内液を高周波電流で加熱し、心筋組織にバルーンを接触させて焼灼する。バルーン径は26〜33mmで、広い範囲での焼灼と治療時間の短縮による身体への負担軽減が期待される。わが国ではバルーン内で亜酸化窒素ガスを液化させ、バルーン接触面の心筋組織を冷凍壊死させるクライオバルーンも使用可能となっている。

■関連記事

ホットバルーンの不整脈に対する臨床成績

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】ホットバルーン

error in template: found but mtif was expected