メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  「はい、はい」理解していないのにうなずいてしまう患者

編集こぼれ話 編集こぼれ話

「はい、はい」理解していないのにうなずいてしまう患者

 2016年09月24日 07:05
プッシュ通知を受取る

 高齢の父の検査結果が出るときは、なるべく受診に付きそうようにしています。きっかけは、「嚢胞があります。まれにがんになることがありますから、念のため今後も検査しましょう」という医師の説明が、父の頭の中で「がんです。今後も検査しましょう」にすり替わっていたことがあったからです。なぜ、こんなすっ飛んだ解釈になってしまったのでしょうか。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

暑い日にMRが背広なし・ノーネクタイで訪問したら?

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  「はい、はい」理解していないのにうなずいてしまう患者

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R07504805 有効期限:7月末まで