メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  CNS Today »  【認知症】進む「未発症」への治療介入

CNS Today CNS Today

【認知症】進む「未発症」への治療介入

無症状の「超早期」も対象に臨床試験相次ぐ

 2016年09月29日 07:30
プッシュ通知を受取る

岩田氏 健康人と認知症との中間、いわばグレーゾーンに位置する軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment;MCI)。MCIは日常生活に差し支えない程度の認知機能の低下が認められた状態であり,将来的に認知症に進展するリスクはあるが抗認知症薬の有効性は証明されていないため、薬剤による治療介入は行わないのが現在の原則だ。しかし、MCIの一部は3〜5年以内にアルツハイマー型認知症に進展することなどから、近年は欧米をはじめ日本でもMCIや無症状のMCI以前の超早期〔プレクリニカルアルツハイマー病(AD)〕からアルツハイマー型認知症への進展予防や症状の進行抑制などを目的とした治療介入の必要性が叫ばれている。こうした中、MCIや超早期を対象とした臨床研究が国内外で始められている。日本での臨床研究に携わる東京大学大学院神経内科学講師で、同大学病院神経内科特別外来メモリークリニックの岩田淳氏に、MCIおよび超早期に対する治療介入の意義や臨床研究の動向を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  連載・特集 »  CNS Today »  【認知症】進む「未発症」への治療介入

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11504734 有効期限:11月末まで