メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑨ 柳原病院事件 逮捕や起訴は正当か

弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! 弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻!

快刀乱麻⑨ 柳原病院事件 逮捕や起訴は正当か

 2016年09月30日 17:40

 東京都の柳原病院事件が話題になっている。乳がんの術後35分に、術後の診察をした医師が、患者にわいせつ行為をしたという事件である。

 準強制わいせつを犯したとされる犯罪に対し、医師の逮捕や起訴がおかしいのではないかとの議論になっている。同病院が、逮捕(8月25日)した警察や検察に対しての抗議文を掲載している点が、従来の医療従事者の犯したとされる事件における病院の対応とは100%異なるところが話題になっている。警察・検察の暴走説、同院の性格(民医連系)から来る陰謀説などは、前提の事実を示す証拠関係がわからないので、裁判が始まるまではなんとも言えない(だから、裁判は憲法上、公開法廷で行うことになっている)。

 ただ、陰謀説とは別に、警察は結構、別件逮捕を行うこともあることは知っておくとよいだろう。以前、「テロリストが潜んでいるのでは」と公安警察が内偵を進めている病院に対して、家宅捜索をしたいのだが、健康保険法違反で立件できないか警察から相談を受けたことがある(別件捜索は行われず、実際に潜入していたことが後に報道された)。柳原病院事件が、別件逮捕かどうかはもちろん分からないし、基本的には別件逮捕は違法である。

 今回は、内容の問題ではなく、逮捕、勾留、起訴、そして有罪判決の要件として、どの程度の容疑が法律上必要なのかを説明してみたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    世界の2人に1人以上がピロリ菌に感染

  2. 2

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  3. 3

    虫垂切除によるUCの重症度軽減見られず

  4. 4

    今後読みたい記事は?

  5. 5

    女性の腎結石リスクに妊娠歴が強く関係

  6. 6

    インフリキシマブの保険償還に要望書

  7. 7

    "死なない医療"から"死を前提とした医療"へ

  8. 8

    Q:飲酒量が多い国は?

  9. 9

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  10. 10

    7月のアクセスベスト10

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い

  2. 2

    今話題の「筋膜リリース」ってなんだ?!

  3. 3

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  4. 4

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  5. 5

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  6. 6

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  7. 7

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  8. 8

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  9. 9

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  10. 10

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑨ 柳原病院事件 逮捕や起訴は正当か

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R08504853有効期限:8月末まで