メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  低用量アスピリンの消化管出血・潰瘍リスクに、PPIとH2ブロッカーで有意差なし

ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器)

低用量アスピリンの消化管出血・潰瘍リスクに、PPIとH2ブロッカーで有意差なし

慶應義塾大学医学教育統轄センター 鈴木秀和

 2016年10月05日 07:20
プッシュ通知を受取る

研究の背景:PPI優位の結果にも異議を唱える解釈も

 消化管出血の既往のある低用量アスピリン服用者でプロトンポンプ阻害薬(PPI)による消化管出血の再発リスク低減効果は以前から示されていた(NEJM 2001; 344: 967-973NEJM 2005; 352: 238-244)。一方で、H2ブロッカー(H2RA)については、Tahaらが内視鏡を用いた二重盲検プラセボ対照ランダム化試験(FAMOUS試験)で、ファモチジンのアスピリン潰瘍予防効果を明らかにしている(Lancet 2009; 374: 119-125)。しかし、NgらによるPPIのpantoprazoleとH2RAのファモチジンを比較したランダム化試験では、上部消化管出血と重症のディスペプシア症状予防には、ファモチジン(1日40㎎、朝夕2分割)は、pantoprazole(1日20㎎、朝20㎎、夕 プラセボ投与)に比し劣性であることが報告されていた(Gastroenterology 2010; 138: 82-88)。

 実際に、このNgらの試験では、130人のうち65人がファモチジン群に、65人がpantoprazole群に割り付けられたが、一次評価項目であるディスペプシア症状や出血性潰瘍・びらんの再発率はファモチジン群で20%、pantoprazole群で0%、消化管出血はファモチジン群で7.7%、pantoprazole群で0%であった。また、この試験では、潰瘍による穿孔や狭窄は1例も認められなかった。しかし、これらの研究は、アスピリン服用者で上部消化管出血のリスクが最も高い(NEJM 2000; 343: 834-839)と考えられる「消化管出血の既往」のある患者だけをエントリーしたわけではなく、出血の既往のある人もない人も混ざっていたのである。さらに、試験にエントリーした患者数も比較的少ないなど、結果の解釈には問題が含まれると考えられていた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

先生のいつものビール、銘柄は?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  低用量アスピリンの消化管出血・潰瘍リスクに、PPIとH2ブロッカーで有意差なし

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11504858 有効期限:11月末まで