メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】フレイル

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】フレイル

 2016年10月06日 17:00
プッシュ通知を受取る

 Frailtyは高齢社会において注目されている概念だが、国際的に統一された定義や診断基準は存在しない。従来その訳語としては「虚弱」が当てられることが多かったが、2014年に日本老年医学会が「フレイル」とすることを提唱した。同学会によると、フレイルは身体的、精神・心理的、社会的側面を含み、サルコペニアや軽度認知障害(MCI)とオーバーラップする。健常と要介護の中間に位置する可逆的段階であり、フレイルを早期に発見し、適切な介入を行えば健常に戻ることができるため、介護予防の観点から重要性が強調されている。

■関連記事 

高齢CKDには「蛋白質も食塩も腹八分目」

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

11月14日は「世界糖尿病デー」。自身の診療領域の疾患啓発デーに対する認知度

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】フレイル

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11504717 有効期限:11月末まで