メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】フレイル

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】フレイル

 2016年10月06日 17:00
プッシュ通知を受取る

 Frailtyは高齢社会において注目されている概念だが、国際的に統一された定義や診断基準は存在しない。従来その訳語としては「虚弱」が当てられることが多かったが、2014年に日本老年医学会が「フレイル」とすることを提唱した。同学会によると、フレイルは身体的、精神・心理的、社会的側面を含み、サルコペニアや軽度認知障害(MCI)とオーバーラップする。健常と要介護の中間に位置する可逆的段階であり、フレイルを早期に発見し、適切な介入を行えば健常に戻ることができるため、介護予防の観点から重要性が強調されている。

■関連記事 

高齢CKDには「蛋白質も食塩も腹八分目」

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】フレイル