メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  日本語は難しい? 前立腺がんの「監視療法」

編集こぼれ話 編集こぼれ話

日本語は難しい? 前立腺がんの「監視療法」

 2016年10月13日 11:25
プッシュ通知を受取る

 がん治療では「早期発見、早期治療」とよくいわれます。しかし前立腺がんの場合は、早期治療をせずとも、そのがんが生命予後に悪影響を与えない症例(ラテントがん)が少なからず含まれるといわれます。そのため、早期に発見される限局性前立腺がんに対しては、根治療法のほかに、診断されても直ちに治療を開始しない、という選択肢がありますが...ここで少しややこしい(?)のが、この「無治療で経過観察をする」という方法に関する用語として「待機療法(watchful waiting)」と「監視療法(active surveillance)」があるのです。しかも「監視療法」は、これまでは「PSA監視療法」と呼ばれていましたが、間もなく改訂予定の前立腺癌診療ガイドラインでは「監視療法」に統一されることになったそうです。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  日本語は難しい? 前立腺がんの「監視療法」