メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  家庭医そんそんの「対話」のススメ »  【其の七】患者の語る「物語(ナラティブ)」に含まれる複数の「声」とは?

家庭医そんそんの「対話」のススメ 家庭医そんそんの「対話」のススメ

【其の七】患者の語る「物語(ナラティブ)」に含まれる複数の「声」とは?

 2016年10月17日 07:05
プッシュ通知を受取る

 医師と患者が対話するとき、医師は患者の語る情報を医学的な情報や専門用語に置き換え、臨床診断に役立つように解釈しています。それによって効率的に診断に至り、治療行為を行うことができるからです。もちろん、症状のみならず、生活歴や社会歴などにも耳を傾け、それらの情報を統合させて治療に役立てています。しかし、医療者との対話の中で患者の語るいわば「物語」は、しばしば医学的情報に還元できる以上の要素をはらんでいます。これを「ナラティブ(narrative)」という概念で捉えることにより、1人の患者の中に複数の「声」を聴くことができ、対話をより充実させることが可能になります。今回はこのナラティブについて掘り下げていきます。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

選挙カー、公職選挙法では病院周辺は静穏保持

ホーム »  連載・特集 »  家庭医そんそんの「対話」のススメ »  【其の七】患者の語る「物語(ナラティブ)」に含まれる複数の「声」とは?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R07504726 有効期限:7月末まで