メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  高齢者心不全の終末期医療、求められていた指針

編集こぼれ話 編集こぼれ話

高齢者心不全の終末期医療、求められていた指針

 2016年10月26日 10:50

 先日、日本心不全学会が策定した『高齢者の心不全治療に関するステートメント』を紹介しました。「ステートメント」とはいえ、疫学や診断および治療、さらには終末期医療まで幅広い領域が網羅された全56ページ及ぶ文書で、最新知見の概要とともに領域ごとに同学会による提言あるいは指針が記されています。高齢者のエビデンスが不十分である中、経験や個々の状況から治療方針を定めざるを得なかった医師や医療従事者にとって、有用な指針になるものと期待されています。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  高齢者心不全の終末期医療、求められていた指針

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10505101 有効期限:10月末まで