メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  GLP-1受容体作動薬で心血管イベントの抑制再び

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

GLP-1受容体作動薬で心血管イベントの抑制再び

SUSTAIN-6試験から
北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2016年10月27日 07:00
プッシュ通知を受取る

研究の背景:今年はGLP-1受容体作動薬の臨床試験が多数報告

 以前お伝えしたように、今年(2016年)は印象の異なる2つのGLP-1受容体作動薬の臨床試験成績が報告されている(関連記事1関連記事2)。1つはLEADER試験(N Engl J Med 2016;375:311-322)であり、心血管疾患高リスクの2型糖尿病患者を対象にリラグルチドによる心血管疾患抑制効果が示された。もう1つはFIGHT試験(JAMA 2016;316:500-508)であり、心不全患者を対象にリラグルチドによる心不全改善効果は示されず、逆に糖尿病合併心不全患者では心不全の増悪の可能性が示唆された。

 そのような中、週1回のGLP-1受容体作動薬であるsemaglutide(日本未発売)の心血管イベントへの影響を検討するSUSTAIN-6試験の結果が発表された。GLP-1受容体作動薬の心血管イベントへの効果を考えるべく、紹介させていただきたい(N Engl J Med 2016年9月16日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

先生のいつものビール、銘柄は?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  GLP-1受容体作動薬で心血管イベントの抑制再び

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11505087 有効期限:11月末まで