メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  アジスロマイシンの復権か?

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

アジスロマイシンの復権か?

神戸大学医学研究科微生物感染症学講座感染治療学分野教授 岩田健太郎

 2016年11月01日 13:30

研究の背景1:アジスロマイシンにはいろいろ問題あり

 日本ではマクロライド系抗菌薬(クラリスロマイシンやアジスロマイシンなど)の人気は高く、たくさん使われている。しかし、アジスロマイシン、そんなにバンバン使っちゃっていいのか?

 懸念材料は幾つかある。まずは安全性。なんとなく日本ではマクロライド安全~♪、使いやすい~♪という印象があるが、印象で医療をやると案外、危ない。QT延長症候群という副作用がマクロライドにあることは以前から知られていたが、アジスロマイシンの使用は非使用者と比べると心臓血管死が増えるというスタディーが出て、「マクロライド安全伝説」は都市伝説なのではないか、という疑念が強まったのである1)。メタ分析では、特に高齢者で死亡リスクが高いと確認された2)

 薬剤耐性も問題だ。マクロライドが選択されやすいMycoplasma pneumoniaeによる肺炎。大多数は耐性化しており、マクロライドは選択肢としにくくなっている3)。厚生労働省院内感染対策サーベイランス事業(JANIS)によると、肺炎球菌ではマクロライド感受性菌はわずか6%しかなかった(2014年)。

 安全性と有効性に大きな問題があるマクロライドは案外使いにくい。では、この抗菌薬はこのまま滅びゆく運命にあるのだろうか。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

薬のデギュスタシオン2

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  アジスロマイシンの復権か?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10505031 有効期限:10月末まで