メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑩ 医療法人の社員総会とは

弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! 弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻!

快刀乱麻⑩ 医療法人の社員総会とは

会社法から見た医療法人のガバナンス 第4回

 2016年11月02日 07:10

 株式会社を動かしているのは誰であろう。社長(代表取締役)と考える人が多いと思うし、実際その通りである。会社法第47条1項には「会社を代表する取締役」とあり、「代表する」とは、代表の発言が法人の発言であり、代表がだまされれば法人がだまされたということである。会社法は「代表取締役は、株式会社の業務に関する一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有する」(同法第349条4項)と規定している。まさに、代表取締役が会社を動かしている。しかし、個々の刹那的なビジネスの意思決定を代表取締役が行っているとはいえ、その代表取締役をはじめ、取締役などの役員を選任しているのは株主総会である。圧倒的な支配株主には社長も頭が上がらないのは、このためである。医療法人では、このような役員選任機関は社員総会となるが、社員総会と株主総会の性格は少し異なる。それぞれについて比較しながら概説する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑩ 医療法人の社員総会とは

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10505489 有効期限:10月末まで