メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】抗肥満薬

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】抗肥満薬

 2016年11月08日 11:05
プッシュ通知を受取る

 肥満症の治療に用いられることから肥満症治療薬とも呼ばれる。現在日本で使用可能なのは、中枢性食欲抑制薬のマジンドールのみ。リパーゼ阻害薬のセチリスタットが2013年に販売承認を受けたが、2016年10月現在薬価未収載である。米国では2012年以降にセロトニン受容体アゴニストlorcaserin、トピラマート(日本では抗てんかん薬として認可)徐放製剤と食欲抑制薬phentermineの合剤、naltrexoneとbupropionの各徐放製剤の合剤が抗肥満薬として認可・発売された。さらには、糖尿病治療薬として日本でなじみが深いGLP-1受容体作動薬リラグルチドの高用量(3.0mg/日)製剤も抗肥満薬としての認可を受けている。

■関連記事

新設された「高度肥満症」、抗肥満薬の開発が鍵

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】抗肥満薬

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R09505504 有効期限:9月末まで