メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】抗肥満薬

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】抗肥満薬

 2016年11月08日 11:05
プッシュ通知を受取る

 肥満症の治療に用いられることから肥満症治療薬とも呼ばれる。現在日本で使用可能なのは、中枢性食欲抑制薬のマジンドールのみ。リパーゼ阻害薬のセチリスタットが2013年に販売承認を受けたが、2016年10月現在薬価未収載である。米国では2012年以降にセロトニン受容体アゴニストlorcaserin、トピラマート(日本では抗てんかん薬として認可)徐放製剤と食欲抑制薬phentermineの合剤、naltrexoneとbupropionの各徐放製剤の合剤が抗肥満薬として認可・発売された。さらには、糖尿病治療薬として日本でなじみが深いGLP-1受容体作動薬リラグルチドの高用量(3.0mg/日)製剤も抗肥満薬としての認可を受けている。

■関連記事

新設された「高度肥満症」、抗肥満薬の開発が鍵

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】抗肥満薬