メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  糖尿病薬物療法トピックス »  <2>日本人にメトホルミンをいかに使うか

糖尿病薬物療法トピックス 糖尿病薬物療法トピックス

<2>日本人にメトホルミンをいかに使うか

 2016年12月01日 07:00
プッシュ通知を受取る

住谷氏 メトホルミンは、血糖降下作用だけでなく心血管イベント抑制作用を有することがUKPDSで示され、欧米では2型糖尿病の第一選択薬に位置付けられている。そのため新規糖尿病治療薬の臨床試験では、基礎治療薬としてメトホルミンが用いられている。にもかかわらず「日本ではメトホルミンの使用頻度が低い」と指摘する日生病院(大阪市)糖尿病・内分泌センター部長の住谷哲氏に、エビデンスに基づいた同薬の有効性、増量のこつや安全に使用するためのポイントについて聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  糖尿病薬物療法トピックス »  <2>日本人にメトホルミンをいかに使うか

error in template: found but mtif was expected