メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】脳脊髄液関連疾患

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】脳脊髄液関連疾患

 2016年12月06日 07:00
プッシュ通知を受取る

 脳脊髄液の減少を主徴とし、頭痛をはじめ多様な全身症状が現れる疾患であり、脳脊髄液減少症、低髄液圧症候群、脳脊髄液漏出症などが挙げられるが、症状や病態などはオーバーラップしている部分も多く、診断・治療の確立が期待されている。これらのうち、脳脊髄液減少症の画像診断基準は2011年10月に公表されているが、その治療ガイドラインは現在作成中である。治療については硬膜外自家血パッチ(EBP)療法が行われており、今年(2016年)4月に保険適用されたことでより幅広く使用されるとみられるが、それだけに合併症や長期予後の検討も必要とされる。

■関連記事

脳脊髄液関連疾患GL作成上の課題を検証

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】脳脊髄液関連疾患