メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】脳脊髄液関連疾患

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】脳脊髄液関連疾患

 2016年12月06日 07:00
プッシュ通知を受取る

 脳脊髄液の減少を主徴とし、頭痛をはじめ多様な全身症状が現れる疾患であり、脳脊髄液減少症、低髄液圧症候群、脳脊髄液漏出症などが挙げられるが、症状や病態などはオーバーラップしている部分も多く、診断・治療の確立が期待されている。これらのうち、脳脊髄液減少症の画像診断基準は2011年10月に公表されているが、その治療ガイドラインは現在作成中である。治療については硬膜外自家血パッチ(EBP)療法が行われており、今年(2016年)4月に保険適用されたことでより幅広く使用されるとみられるが、それだけに合併症や長期予後の検討も必要とされる。

■関連記事

脳脊髄液関連疾患GL作成上の課題を検証

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】脳脊髄液関連疾患

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R06505796 有効期限:6月末まで