メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第12回>耳が遠い高齢者にどう接するか-加齢性難聴への対応

高齢者診療のコツとヒント 高齢者診療のコツとヒント

<第12回>耳が遠い高齢者にどう接するか-加齢性難聴への対応

北里大学医学部総合診療医学・地域総合医療学 木村琢磨

 2016年12月06日 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

88歳女性:

 1人で外来を受診。軽度の認知機能障害があり膝の痛みで長距離は歩けないが、意思伝達は基本的に可能である。しかし、非常に耳が遠い・・・

「加齢性難聴」とは

 「耳が遠い高齢者」の多くは加齢性難聴(老人性難聴)で、程度の差こそあれ年を重ねるにつれて多くの高齢者に生ずるといえるでしょう。その"聞こえにくさ"の特徴には、①高い音が聞こえにくい(特に「さ行」「は行」「か行」などの子音)②音は聞こえても内容が聞き取りにくい(語音明瞭度の低下)③会話以外の音があると音が響いて聞き取りにくい(補充現象)などがあります。

 その具体的な徴候としては「何回も聞き返す」「聞き間違い」「見当違いの返答」などがあります。これらを本人は自覚していないことも多いため、闇雲に「耳が遠い」と指摘すれば本人が認めないばかりか、関係性が悪化することがあるので注意します。そのため医師には、耳が遠い高齢者へ適切に接することはもちろん、家族へ対応法を助言できることが求められています

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第12回>耳が遠い高齢者にどう接するか-加齢性難聴への対応

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10505817 有効期限:10月末まで