メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第12回>耳が遠い高齢者にどう接するか-加齢性難聴への対応

高齢者診療のコツとヒント 高齢者診療のコツとヒント

<第12回>耳が遠い高齢者にどう接するか-加齢性難聴への対応

北里大学医学部総合診療医学・地域総合医療学 木村琢磨

 2016年12月06日 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

88歳女性:

 1人で外来を受診。軽度の認知機能障害があり膝の痛みで長距離は歩けないが、意思伝達は基本的に可能である。しかし、非常に耳が遠い・・・

「加齢性難聴」とは

 「耳が遠い高齢者」の多くは加齢性難聴(老人性難聴)で、程度の差こそあれ年を重ねるにつれて多くの高齢者に生ずるといえるでしょう。その"聞こえにくさ"の特徴には、①高い音が聞こえにくい(特に「さ行」「は行」「か行」などの子音)②音は聞こえても内容が聞き取りにくい(語音明瞭度の低下)③会話以外の音があると音が響いて聞き取りにくい(補充現象)などがあります。

 その具体的な徴候としては「何回も聞き返す」「聞き間違い」「見当違いの返答」などがあります。これらを本人は自覚していないことも多いため、闇雲に「耳が遠い」と指摘すれば本人が認めないばかりか、関係性が悪化することがあるので注意します。そのため医師には、耳が遠い高齢者へ適切に接することはもちろん、家族へ対応法を助言できることが求められています

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    米国のてんかん患者数が増加、CDC・2015年推計

  2. 2

    "美容整形"後遺症に対する修正手術の実際

  3. 3

    開業に必要な3つの「決めるべきこと」

  4. 4

    生薬の"染色体毒性"を防いで流産防止

  5. 5

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  6. 6

    脳卒中後スタチン中止で再発リスク増加

  7. 7

    脳動脈瘤治療は血管内治療に劇的シフト!

  8. 8

    術前の"薬識"欠如が高齢患者の予後に影響

  9. 9

    【キーワード】異物肉芽腫

  10. 10

    GLP-1薬でパーキンソン病の運動能力が改善

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  3. 3

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  4. 4

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  5. 5

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  6. 6

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  7. 7

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  8. 8

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  9. 9

    統合失調症、陰性症状の治療と支援

  10. 10

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第12回>耳が遠い高齢者にどう接するか-加齢性難聴への対応

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R08505817有効期限:8月末まで