メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  笑いは百薬の長?

編集こぼれ話 編集こぼれ話

笑いは百薬の長?

 2016年12月13日 07:04
プッシュ通知を受取る

 笑い過ぎて顎が痛くなった、むせた、おなかがよじれるかと思った...誰もが経験ありますよね。笑うことは意外にも筋肉を使っているようです。このたび、声を出して笑うことが多い人ほど嚥下機能が低下しにくいとする疫学研究の結果が、大阪大学などの研究グループによって報告されました関連記事。そのメカニズムの1つとして、笑うことが嚥下に必要な筋肉(舌、口の周り、首など)のトレーニングになっていると考えられるそうです。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  笑いは百薬の長?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R08505937 有効期限:8月末まで