メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  笑いは百薬の長?

編集こぼれ話 編集こぼれ話

笑いは百薬の長?

 2016年12月13日 07:04
プッシュ通知を受取る

 笑い過ぎて顎が痛くなった、むせた、おなかがよじれるかと思った...誰もが経験ありますよね。笑うことは意外にも筋肉を使っているようです。このたび、声を出して笑うことが多い人ほど嚥下機能が低下しにくいとする疫学研究の結果が、大阪大学などの研究グループによって報告されました関連記事。そのメカニズムの1つとして、笑うことが嚥下に必要な筋肉(舌、口の周り、首など)のトレーニングになっていると考えられるそうです。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  笑いは百薬の長?