メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】急性HIV感染症

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】急性HIV感染症

 2016年12月15日 07:25
プッシュ通知を受取る

 ヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus;HIV)感染後2〜4週ごろに見られる、発熱やリンパ節腫脹、咽頭痛、口内炎、肝障害、白血球減少などの一連の症状を指す。HIV感染者の50〜90%に認められるといわれるが、いずれの所見も非特異的であり、インフルエンザや伝染性単核球増多症、マイコプラズマ症と誤診されることが多い。

 急性HIV感染症に伴う症状は数週で自然に軽快する。その後、無症候期に移行し、数年〜10年以上の期間を経てエイズ発症に至る。ただし、中にはHIV感染後短期間で発症する人もいる。感染後早期にHIV検査を実施し、診断を確定させることが重要である。

(監修:琉球大学大学院感染症・呼吸器・消化器内科学講座准教授 健山正男氏)

■関連記事

HIV感染診断向上に医師の教育が必要

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】急性HIV感染症

error in template: found but mtif was expected