メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】急性HIV感染症

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】急性HIV感染症

 2016年12月15日 07:25
プッシュ通知を受取る

 ヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus;HIV)感染後2〜4週ごろに見られる、発熱やリンパ節腫脹、咽頭痛、口内炎、肝障害、白血球減少などの一連の症状を指す。HIV感染者の50〜90%に認められるといわれるが、いずれの所見も非特異的であり、インフルエンザや伝染性単核球増多症、マイコプラズマ症と誤診されることが多い。

 急性HIV感染症に伴う症状は数週で自然に軽快する。その後、無症候期に移行し、数年〜10年以上の期間を経てエイズ発症に至る。ただし、中にはHIV感染後短期間で発症する人もいる。感染後早期にHIV検査を実施し、診断を確定させることが重要である。

(監修:琉球大学大学院感染症・呼吸器・消化器内科学講座准教授 健山正男氏)

■関連記事

HIV感染診断向上に医師の教育が必要

関連タグ

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】急性HIV感染症

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12505935 有効期限:12月末まで