メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  薬物相互作用2016 »  4. 薬物トランスポーターの関わる相互作用

薬物相互作用2016 薬物相互作用2016

4. 薬物トランスポーターの関わる相互作用

東京大学大学院薬学系研究科 分子薬物動態学教室 前田和哉
独立行政法人理化学研究所 イノベーション推進センター 杉山特別研究室 杉山雄一

2016年12月17日 07:00

1名の医師が参考になったと回答 

本記事は薬剤師向け情報誌「PharmaTribune」に掲載されたものになります。 1. 経口投与された薬物の体内での動き  まず、経口投与された後の薬の体内での動きを考えてみよう。口から投与された薬は、食道・胃を経由して消化管(小腸)に到達し、消化管内で溶解した後、蠕動運動と共に消化管上部から下部...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  連載・特集 »  薬物相互作用2016 »  4. 薬物トランスポーターの関わる相互作用