メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  人工知能が網膜症を診断する時代に?

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

人工知能が網膜症を診断する時代に?

北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2016年12月22日 13:10

研究の背景:人工知能Watsonの診断能が話題になった2016年

 今年(2016年)、注目を浴びた医学的な話題の1つとして、東京大学医科学研究所が導入した人工知能(Artificial Intelligence;AI)Watsonが挙げられる。2,000万件に及ぶ医学論文を学習したことで、診断および治療が困難だった白血病患者を正確に診断することに成功し、それに基づいた治療薬を選択することにより患者が快方に向かった。

 囲碁ソフトである「アルファ碁」が韓国のプロ棋士イ・セドル氏に4勝1敗で勝ち越したのも今年である。

 そんな中、糖尿病網膜症診断用のAIをGoogle社が開発し、その診断能を検証した論文がJAMA2016;316:2402-2410)に報告された。いよいよ私のようなアナログ世代は生き残るのが難しくなるのかもしれないと感じつつ、ご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  人工知能が網膜症を診断する時代に?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10506047 有効期限:10月末まで