メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  2017花粉症対策 »  問題となる花粉症:花粉性結膜炎

2017花粉症対策 2017花粉症対策

問題となる花粉症:花粉性結膜炎

黄砂やPM2.5も増悪要因か

 2016年12月23日 07:10
プッシュ通知を受取る

 花粉はアレルギー性結膜炎の最大の要因である。近年は黄砂、PM2.5などの大気中粒子が結膜炎を増悪させることも明らかになっている。東京女子医科大学東医療センター眼科准教授の三村達哉氏に花粉性結膜炎の病態、大気中粒子との関わりなど、最近の知見について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  2017花粉症対策 »  問題となる花粉症:花粉性結膜炎