メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  2017花粉症対策 »  問題となる花粉症:花粉性皮膚炎

2017花粉症対策 2017花粉症対策

問題となる花粉症:花粉性皮膚炎

蕁麻疹様の浮腫性紅斑が特徴

 2016年12月24日 07:10
プッシュ通知を受取る

 スギ花粉が皮膚に直接接触して顔、眼囲などの露出部位もしくは頸部など間擦部に空気伝搬性接触皮膚炎、すなわちスギ花粉性皮膚炎が見られる。東京医科歯科大学大学院皮膚科学分野教授の横関博雄氏に鑑別診断や対策などについて聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  2017花粉症対策 »  問題となる花粉症:花粉性皮膚炎