メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  2017花粉症対策 »  花粉症対策座談会③ 防御策のトレンドは?

2017花粉症対策 2017花粉症対策

花粉症対策座談会③ 防御策のトレンドは?

アンケート結果から2016年の症状、薬物療法、防御策を探る

 2016年12月26日 07:10
プッシュ通知を受取る

出席者(写真左から)
ふたばクリニック院長 橋口一弘
日本医科大学大学院頭頸部・感覚器学分野教授 大久保公裕
ゆたクリニック院長 湯田厚司

 花粉の飛散状況は毎年異なるため、経年的な調査でそのトレンドを探ることができる。そこでスギ花粉症舌下免疫療法(SLIT)を実施した経験があるMedical Tribuneウェブ医師会員106人を対象に調査〔耳鼻咽喉科、アレルギー科・小児科など、調査期間は今年(2016年)9月中旬〕を行った。調査では、2016年春季の花粉飛散シーズンに問題となった症状や、喘息や通年性アレルギー性鼻炎など他のアレルギー疾患を合併する患者の症状に関する特徴、従来の治療法である経口薬、点鼻(鼻噴霧用)薬、点眼薬を用いた薬物療法の実際、治療薬を処方する際の留意点について聞いた他、花粉防御策の実際に関しては医師と患者で意向の違いを探った。さらに、日本医科大学大学院頭頸部・感覚器学分野教授の大久保公裕氏、ゆたクリニック(三重県)院長の湯田厚司氏、ふたばクリニック(東京都)院長の橋口一弘氏に、花粉防御対策について討議してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

開幕直前の平昌五輪!金メダルを期待する競技は?応援している選手名や五輪にまつわる思い出があれば教えてください。

ランキング

  1. 1

    結局、COPDにスタチンは効くのか?

  2. 2

    漢方薬の保険外しに学会が反論

  3. 3

    【続報】北米のO157感染

  4. 4

    ピオグリタゾンで糖尿病患者の痛風減少

  5. 5

    「健康番組」先取り(1/10~/15)

  6. 6

    【こぼれ話】カフェインの話

  7. 7

    【働き方改革】まず医師法改正か

  8. 8

    "温めて薄くする"喘息治療

  9. 9

    開幕直前の平昌五輪!金メダルを期待する競技は?応援している選手名や五輪にまつわる思い出があれば教えてください。

  10. 10

    小児の自制心、遺伝的影響は?

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    大きく変わった糖尿病薬アルゴリズム

  2. 2

    漢方薬の保険外しに学会が反論

  3. 3

    がんに匹敵する"都民病"

  4. 4

    【川口浩】健康寿命至上主義でよいのか

  5. 5

    アーモンド+チョコでLDL-Cが低下

  6. 6

    運動には高糖質か、低糖質・高脂質か

  7. 7

    「冷蔵庫マザー」説には本来的な批判を

  8. 8

    心電図の左室肥大は難し過ぎる?

  9. 9

    「当直なのに宿直扱い?!」

  10. 10

    がん関連VTEでDOACの非劣性示す

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  2017花粉症対策 »  花粉症対策座談会③ 防御策のトレンドは?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R01506045 有効期限:1月末まで