メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
2017花粉症対策 2017花粉症対策
 2017花粉症対策へ戻る

新規アレルゲン蛋白質Cha o 3発見

新規免疫療法の開発に期待

2017花粉症対策 | 2016.12.28

 わが国では、ヒノキはスギに遅れて植林が進められてきた。将来的にはスギより樹勢が旺盛になると想定され、ヒノキ花粉症対策が課題である。ヒノキ花粉とスギ花粉はアレルゲン蛋白質の相同性が高く、スギ花粉アレルゲン免疫療法が方策の1つと考えられるが、ヒノキ花粉飛散期では効果は高くないという。効果減弱に関わる未知のヒノキ花粉アレルゲン蛋白質の存在が指摘される中、大鵬薬品工業(株)第二研究所/久留米大学先端癌治療研究センターの長田年弘氏らは15年ぶりとなる新規の分子Cha o 3を発見した。同氏は、スギ・ヒノキ花粉の飛散期を通じた免疫療法の開発につなげたいとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

連載記事一覧

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    【解説】RA治療で初、経口薬でBio上回る効果

  2. 2

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  3. 3

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    がん患者の脱毛、頭皮冷却装置で半数が頭髪維持

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  連載・特集 >  2017花粉症対策 >  新規アレルゲン蛋白質Cha o 3発見