メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  2017花粉症対策 »  新規アレルゲン蛋白質Cha o 3発見

2017花粉症対策 2017花粉症対策

新規アレルゲン蛋白質Cha o 3発見

新規免疫療法の開発に期待

 2016年12月28日 07:10

 わが国では、ヒノキはスギに遅れて植林が進められてきた。将来的にはスギより樹勢が旺盛になると想定され、ヒノキ花粉症対策が課題である。ヒノキ花粉とスギ花粉はアレルゲン蛋白質の相同性が高く、スギ花粉アレルゲン免疫療法が方策の1つと考えられるが、ヒノキ花粉飛散期では効果は高くないという。効果減弱に関わる未知のヒノキ花粉アレルゲン蛋白質の存在が指摘される中、大鵬薬品工業(株)第二研究所/久留米大学先端癌治療研究センターの長田年弘氏らは15年ぶりとなる新規の分子Cha o 3を発見した。同氏は、スギ・ヒノキ花粉の飛散期を通じた免疫療法の開発につなげたいとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

follow us in feedly

ランキング

  1. 1

    脳神経外科で手術部位の左右取り違え

  2. 2

    【Essay】脳神経外科の想い出。団塊の世代の終焉。

  3. 3

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  4. 4

    今話題の「筋膜リリース」ってなんだ?!

  5. 5

    私立大学医学部の方、どのような基準で受験大学を選びましたか?(医師からの投稿)

  6. 6

    【寄稿】花粉症治療の"やめどき"を示す線とは

  7. 7

    Q:自殺率が高い国は?

  8. 8

    C型肝炎治療薬Vosevi配合錠を承認、FDA

  9. 9

    医原性サルコペニアの防止

  10. 10

    小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    創洗浄はタラタラ洗えばよい。石鹸を使うと再手術率が増える!

  2. 2

    ビタミンCの大復活来るか!?

  3. 3

    小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い

  4. 4

    サルコペニアを来さない体重減量法とは

  5. 5

    動脈硬化予防GL5年ぶりに改訂

  6. 6

    今話題の「筋膜リリース」ってなんだ?!

  7. 7

    貼るインフルワクチンの安全性確認

  8. 8

    BPSD、まず抗認知症薬を

  9. 9

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  10. 10

    除菌後の胃がんを見逃さない

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  2017花粉症対策 »  新規アレルゲン蛋白質Cha o 3発見

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R07505982有効期限:7月末まで