メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし! ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし!
 ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし!へ戻る

第3回:時代の変化と医師・患者関係の変化

ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし! | 2017.01.10

"入院するところ"から"治療するところ"に

 日本は欧米と比較して入院できる病院(病床)が多いということもあり、病気(もしくは様々な症状を持つ病気に準じる状態)の治療は病院に入院して行う、裏を返せば生活の場にはある程度元気な人だけがいるという環境の中にあったように思います。ただ、医療費の高騰そして今後の高齢化に伴う社会保障費の抑制の観点から、最近は医療全体をどんどん外来へとシフトさせてきています。

 といっても、ただ無理矢理にシフトさせているわけではありません。考え方によっては、今までは入院できるところがあったので、入院しなくてもいい患者さんまで入院していた可能性があります。すなわち、病院は治療をする所であり、治療が終わるまで入院して、終わってから退院するというふうに単に線引きをしてしまう考え方から、病院は入院が必要なこと(治療や検査)を行う場所であり、それが終わるもしくは外来でも可能となった段階で退院するという常識的な考え方に変化してきました。そして、最近は外来で可能な処置、治療がどんどん増えているのは間違いがないところです。

 入院していないとできないこと(外来ではできないこと)とは、どのようなものでしょうか? 一般的には手術や各種の検査、厳密なチェックが必要な指導、危険薬の使用時といったバックアップ体制が必要な場合などでしょう。ただ、30年以上臨床をしていて、以前は手術後にドレナージチューブを入れたまま退院して外来で管理したり、CVポートを入れて外来で栄養管理や化学療法をしたりする時代が来るとは、夢にも思いませんでした。すなわち、30年前いや20年ほど前には外来ではできないと思っていたことが、現在は可能になったのです。

 時代の流れであり、医療の進歩と言ってしまえばそれまでです。ただし、外科の領域では慣習的に行われてきたことが見直され、取って変わるということはなかなかあり得ないこと。その中で少なくともここ10年ぐらいの間における変化は、目まぐるしいものがあります。そして、もし昔自分が手術をした患者さんが今手術を受けたらどうなるか? いろいろなことが頭をよぎります。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

  1. 1

    "Extreme risk"群を新設、LDL-C目標値を提示

  2. 2

    米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

  3. 3

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  4. 4

    維持できない体重減量はしない方がましか

  5. 5

    注目ワード「ケトン体」、これだけは知っておきたい

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  連載・特集 >  ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし! >  第3回:時代の変化と医師・患者関係の変化

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R05506130有効期限:5月末まで