メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  医局のトビラ »  医療面接から診断を導き出す

医局のトビラ 医局のトビラ

医療面接から診断を導き出す

第3回:千葉大学病院総合診療科

 2017年01月13日 07:05
プッシュ通知を受取る

facephoto_drikusaka 千葉大学病院には、医療面接(=問診)に重点を置く総合診療科がある。「9割の外来疾患は医療面接のみで診断できる」と話す生坂政臣氏(写真)が2003年の教授着任以来、変わらず掲げてきたモットーだ。その丁寧かつ適切な診療は、院内外の医師やその家族が多く受診するほど支持されている。患者の病歴にじっくり耳を傾ける同氏の信念や診療の極意を知るため、医局のトビラをノックした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  連載・特集 »  医局のトビラ »  医療面接から診断を導き出す

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11506084 有効期限:11月末まで