メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】BPSD

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】BPSD

 2017年01月27日 07:05
プッシュ通知を受取る

 Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia(BPSD)とは、認知症に伴う行動・心理症状を指す。具体的な症状として、抑うつ、妄想、幻覚、興奮、暴力、異食、徘徊などがある。認知症患者にBPSDが出現すると、介護者の負担がより増大することから、患者だけでなく家族などの介護者のQOL低下や医療費の増大といった問題点が指摘されている。かかりつけ医500人を対象とした2015年度調査では、認知症患者の家族が最も困る症状は物忘れと興奮性BPSDであった。それに対し、かかりつけ医の半数以上が向精神薬の処方で対応しているという。

(監修:三重大学大学院医学系研究科神経病態内科学教授・冨本秀和氏)

■関連記事

認知症のBPSDに対する「回想法」とは?

向精神薬は全BPSDに有効ではない

BPSDに適用外の認知症治療どう使う?

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】BPSD

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R05506267 有効期限:5月末まで