メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  どう見る、どうする?高額薬剤問題 »  ニボルマブ薬価50%引き下げは妥当か

どう見る、どうする?高額薬剤問題 どう見る、どうする?高額薬剤問題

ニボルマブ薬価50%引き下げは妥当か

財政影響だけでなく費用効果の視点も必要

 2017年01月31日 10:00

 薬価が高い抗がん薬ニボルマブ(商品名オプジーボ)の肺がんへの適応拡大により、高額薬剤の医療財政への影響が問題視されるようになった。昨年(2016年)11月の中央社会保険医療協議会の決定により、同薬は明日(2月1日)から薬価が半額に引き下げとなる。高額薬剤費問題ついて、東京大学大学院医薬政策学特任准教授の五十嵐中氏に聞いた。同氏は、同薬の薬価引き下げの際に売上高のみが考慮されたことに疑問を呈し、高額薬剤問題を考える上では財政への影響と費用効果の双方の視点が重要だと主張している(関連記事)。

「どう見る、どうする?高額薬剤問題」はMedical TribuneとCBnewsが共同で企画した短期連載です

第1回(1月31日掲載)

第2回(2月2日掲載予定)

第3回(2月7日掲載予定)

第4回(2月9日掲載予定)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  どう見る、どうする?高額薬剤問題 »  ニボルマブ薬価50%引き下げは妥当か

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10506315 有効期限:10月末まで