メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  どう見る、どうする?高額薬剤問題 »  費用効果の鍵握るバイオマーカー

どう見る、どうする?高額薬剤問題 どう見る、どうする?高額薬剤問題

費用効果の鍵握るバイオマーカー

 2017年02月02日 10:00
プッシュ通知を受取る

 一昨年(2015年)、わが国の肺がん領域の実臨床においても、免疫チェックポイント阻害薬が導入された。これにより肺がん治療にパラダイムシフトが起こっているが、免疫チェックポイント阻害薬の効果予測に用いるバイオマーカーについてはいまだ明確になっていない。バイオマーカーによって有効性が期待できる患者だけに薬剤を投与すれば、費用効果も高まるだけに、現在はその研究開発が精力的に行われている。九州大学九州連携臨床腫瘍学講座(同大学病院呼吸器科)の田中謙太郎氏に、国内外で報告されている免疫チェックポイント阻害薬のバイオマーカーに関する最新知見について、免疫学的観点を交えて概説してもらった(本記事は第57回日本肺癌学会の発表を基に構成)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  連載・特集 »  どう見る、どうする?高額薬剤問題 »  費用効果の鍵握るバイオマーカー

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R02506325 有効期限:2月末まで