メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  2017花粉症対策 »  花粉飛散動向①西日本では例年よりやや多くなる見込み

2017花粉症対策 2017花粉症対策

花粉飛散動向①西日本では例年よりやや多くなる見込み

スギ雄花の調査から予測

 2017年02月03日 13:35

イメージ画像 2017年1月、千葉県で観測されたスギの雄花

 スギやヒノキの花粉飛散量は前年夏の気温や日照時間、前年春の花粉飛散量と相関するが、前年秋の雄花の数とも関連していることが知られる。NPO花粉情報協会は東京都で開いたセミナー(2016年12月22日)で、2016年秋に観測したスギの雄花数を加味して2017年春のスギ・ヒノキ花粉の予測飛散量を公表した。東日本の多くの地域では平均値(過去10年の花粉飛散量の平均)および昨年(2016年)と比較して同程度かやや少なめとなる一方、西日本各地では平均値と比べ同程度かやや多くなる見込みであったが、各地の予測データの精度はより高まったという(以下、雄花数は「個/m2/season」、飛散量の単位は「個/cm2/season」を「個」と簡略表記)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  2017花粉症対策 »  花粉飛散動向①西日本では例年よりやや多くなる見込み

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10506333 有効期限:10月末まで