メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第13回>高齢者での慢性疾患の診断と治療目標をどう考えるか

高齢者診療のコツとヒント 高齢者診療のコツとヒント

<第13回>高齢者での慢性疾患の診断と治療目標をどう考えるか

北里大学医学部総合診療医学・地域総合医療学 木村琢磨

 2017年02月06日 07:15

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

86歳女性:

高血圧、心房細動・慢性心不全、腎機能障害、糖尿病、変形性関節症、骨粗鬆症で通院し下剤内服中。外来に付き添ってきた娘によれば、最近、物忘れが激しいという...

慢性疾患の診断や治療目標を高齢者でどう考えるか

 近年、慢性疾患の診断・治療は、診断基準や診療ガイドラインなどで比較的明確になりつつあると考えられます。しかし、認知機能や日常生活動作(ADL)が低下した"臨床的な高齢者"(第1回参照)では、通常以上に過剰診断や過小診断が生じたり、治療目標の設定が困難となることがありえます。今回のテーマは「高齢者における慢性疾患の診断と治療目標をどう考えるか」についてです。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第13回>高齢者での慢性疾患の診断と治療目標をどう考えるか

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10506260 有効期限:10月末まで