メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  どう見る、どうする?高額薬剤問題 »  免疫CP阻害薬の現状と展望

どう見る、どうする?高額薬剤問題 どう見る、どうする?高額薬剤問題

免疫CP阻害薬の現状と展望

肺がんが治癒の時代へ

2017年02月07日 09:59

 薬価の高さが注目されがちな免疫チェックポイント(CP)阻害薬だが、「すごく効く」かつ「長く効く」ことから、多くが予後不良とされてきた肺がんの治療は大きな転換期を迎えている。免疫CP阻害薬である抗PD-1(programmed cell death-1)モノクローナル抗体のペムブロリズマブ(商品名キ...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  連載・特集 »  どう見る、どうする?高額薬剤問題 »  免疫CP阻害薬の現状と展望

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD506359 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外