メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  どう見る、どうする?高額薬剤問題 »  免疫CP阻害薬の現状と展望

どう見る、どうする?高額薬剤問題 どう見る、どうする?高額薬剤問題

免疫CP阻害薬の現状と展望

肺がんが治癒の時代へ

 2017年02月07日 09:59

 薬価の高さが注目されがちな免疫チェックポイント(CP)阻害薬だが、「すごく効く」かつ「長く効く」ことから、多くが予後不良とされてきた肺がんの治療は大きな転換期を迎えている。免疫CP阻害薬である抗PD-1(programmed cell death-1)モノクローナル抗体のペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)およびニボルマブ(商品名オプジーボ)は、わが国の実臨床ではいずれも単剤で用いられているが、現在はさらにその効果を高めるべく、免疫CP阻害薬を含む併用療法の開発が精力的に行われている。和歌山県立医科大学呼吸器内科・腫瘍内科の赤松弘朗氏は、「免疫CP阻害薬の併用療法を用いることで、肺がん治療のエンドポイントは、"生存期間延長"から"治癒"の時代へと向かう」と考察する(本記事は第57回日本肺癌学会の発表を基に構成)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  どう見る、どうする?高額薬剤問題 »  免疫CP阻害薬の現状と展望

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10506359 有効期限:10月末まで