メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  糖尿病の食事療法、結局何がいい?

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

糖尿病の食事療法、結局何がいい?

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

 2017年02月09日 07:15
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 少し前になりますが、Lancet2014; 383: 1999-2007)に「2型糖尿病の食事療法」の総説がありました。

 この総説の最重要点は以下の4点です。

 糖尿病ではトータルのカロリーを抑えた上で、

  • 控えるべきは、加工肉(ソーセージ、ベーコン、ハム)、赤い肉、砂糖入り飲料
  • 摂取すべきは、全粒穀物(玄米、全粒粉の小麦)、魚類、果物、野菜、ナッツ、豆、オリーブ油
  • 適量のアルコール(男性で22g/日以下、女性で24g/日以下、ビール換算で400~500mL)は糖尿病の予防効果あり
  • 食塩制限6g/日以下

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  糖尿病の食事療法、結局何がいい?

error in template: found but mtif was expected