メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  糖尿病の食事療法、結局何がいい?

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

糖尿病の食事療法、結局何がいい?

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

 2017年02月09日 07:15

 少し前になりますが、Lancet2014; 383: 1999-2007)に「2型糖尿病の食事療法」の総説がありました。

 この総説の最重要点は以下の4点です。

 糖尿病ではトータルのカロリーを抑えた上で、

  • 控えるべきは、加工肉(ソーセージ、ベーコン、ハム)、赤い肉、砂糖入り飲料
  • 摂取すべきは、全粒穀物(玄米、全粒粉の小麦)、魚類、果物、野菜、ナッツ、豆、オリーブ油
  • 適量のアルコール(男性で22g/日以下、女性で24g/日以下、ビール換算で400~500mL)は糖尿病の予防効果あり
  • 食塩制限6g/日以下

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  糖尿病の食事療法、結局何がいい?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10506375 有効期限:10月末まで