メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑬厚労省の後出しじゃんけん?

弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! 弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻!

快刀乱麻⑬厚労省の後出しじゃんけん?

オプジーボ薬価改定に見る恣意的運用

 2017年02月10日 07:20
プッシュ通知を受取る

 オプジーボ(一般名ニボルマブ)の問題は医師であれば知らない方はいないであろう。画期的な作用機序の分子標的薬(免疫チェックポイント阻害薬)であるが、なんといっても話題になったのは高額薬価で、しかも適応が悪性黒色腫だけであったものが非小細胞肺がんにも適応拡大されたために、診療報酬の薬剤費の増大から健康保険財政を悪化させ、健康保険の維持が困難になるとの議論が噴出した。このことを背景に厚生労働省は、今月(2017年2月)にオプジーボの薬価を50%引き下げた。しかし、現行の薬価算定の仕組みを考えると、ここまで大幅な引き下げが可能なのだろうか?

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑬厚労省の後出しじゃんけん?