メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑬厚労省の後出しじゃんけん?

弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! 弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻!

快刀乱麻⑬厚労省の後出しじゃんけん?

オプジーボ薬価改定に見る恣意的運用

 2017年02月10日 07:20

 オプジーボ(一般名ニボルマブ)の問題は医師であれば知らない方はいないであろう。画期的な作用機序の分子標的薬(免疫チェックポイント阻害薬)であるが、なんといっても話題になったのは高額薬価で、しかも適応が悪性黒色腫だけであったものが非小細胞肺がんにも適応拡大されたために、診療報酬の薬剤費の増大から健康保険財政を悪化させ、健康保険の維持が困難になるとの議論が噴出した。このことを背景に厚生労働省は、今月(2017年2月)にオプジーボの薬価を50%引き下げた。しかし、現行の薬価算定の仕組みを考えると、ここまで大幅な引き下げが可能なのだろうか?

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑬厚労省の後出しじゃんけん?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10506384 有効期限:10月末まで