メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  みんなのためになる疑義照会を考えよう »  薬剤師が判断してよいのはどこまで? ここは薬剤師さんお願いします。

みんなのためになる疑義照会を考えよう みんなのためになる疑義照会を考えよう

薬剤師が判断してよいのはどこまで? ここは薬剤師さんお願いします。

薬剤師が医師に伝えたい"疑義照会"-3

 2017年02月15日 07:20

 薬剤師からの問い合わせ「疑義照会」にどんな印象を持っていますか? 患者にとってはもちろん、医師にも、薬剤師にも役に立つ疑義照会の形を考えるため、医師と薬剤師にアンケートを行いました。今回は医師、薬剤師双方が考える、薬剤師が判断すべき範囲の結果を紹介します。

 疑義照会のうち、形式的なものや医師との事前承諾によって簡素化できる可能性がある9つの項目について、医師、薬剤師、それぞれがどの程度疑義照会が必要と考えているか聞きました。(回答者数:医師255人、薬剤師381人)

 疑義照会は、薬剤師法第24条で「処方箋中に疑わしい点(疑義)がある場合は、発行した医師などに問い合わせて確かめること(照会)ができるまで調剤してはならない」と定められています。疑義照会は、薬物療法の精度を高め、患者の安全性を確保する薬剤師の重要な業務です。

「疑義照会すべき」割合 医師=薬剤師

 9項目中、「疑義照会すべき」と考えている割合がほぼ同等だったのは、「剤形変更」でした。

剤形変更

1702025_fig2.jpg

「報告は不要」「調剤後に報告すればよい」 医師>薬剤師

 9項目中、「報告は不要」「調剤後に報告すればよい」と思っている割合が薬剤師より医師で高かったのは、下記の6項目でした。

  • 処方規格変更
  • 一包化調剤
  • 処方製剤の粉砕や混合
  • 残薬による投与日数調整
  • 服用歴のある配合剤への変更
  • 重複処方の削除

中でも、半数以上の医師が「報告は不要」「調剤後に報告すればよい」と回答したのは、「処方規格変更」「一包化調剤」「処方製剤の粉砕や混合」「残薬による投与日数調整」。薬剤師とほぼ同等であった「剤形変更」も含め、これらの「飲みやすさ」のための工夫や残薬調整については薬剤師の裁量で対応してもらって構わない、と考える医師が、薬剤師よりも多いことがうかがえます。

結果を見た薬剤師の意見

  • 医師は粉砕や混合が出来るかどうかを知らない。という本音が裏に隠れていると思います。実際に処方している薬剤につい て、実物を扱っていない医師は多く、粉砕の可否や、患者さんが飲める大きさかどうかなど、データに乏しいのではないでしょうか。(薬局、男性)
  • 徐放性製剤の粉砕指示は良く見ますし、散剤で販売されているのにな?ということも多々あります。(薬局、男性)

 一方で、重複処方の削除や服用歴のある配合剤への変更については、医師の方が薬剤師に比べ調剤前の照会を求めない傾向はあるものの、それでも6割が「調剤前に照会すべき」としており、薬剤師はそれを上回る割合で捉えている傾向がうかがえます。「飲みやすさ」や残薬調整とは異なり、「重複処方の削除」「服用歴のある配合剤への変更」は医師も薬剤師も、医師の判断が必要と捉えているようです。ある薬剤師からは、「まったく同じ種類の、まったく同じ薬剤であれば、薬剤師判断で削除でも良いと思うが、意図的に同系統の薬剤を処方していることもあり、薬剤師で判断することは難しい」という意見もありました。

 この結果を見た薬剤師の意見

  • 重複処方は電子カルテ、オーダリングシステムの問題もはらんでいると感じました。複数の医療機関から投薬を受けている場合は重要な問題で、医師が知りたい情報であることは確かです。しかし、現場での重複処方のほとんどは、一枚の処方せん/ひとつの医療機関、の間でダブルオーダーしてしまっているケースだと思います。これを解決する方法を探らないといけないと思いました。(薬局、男性)
  • 一包化や粉砕については「医師の指示のもと」の規定があるため、薬剤師側に疑義照会しなければという思いがあるような気がします。(薬局、女性)
  • 「重複処方の削除」は私は医師にきちんと把握していただきたいし、疑義照会事項だと思っています。他のものは、薬を正確に服用できるように患者さんに対して個別最適化を行うのが薬剤師の役割であるという観点からも薬剤師に任せて疑義照会不要となっていく流れなのであれば、嬉しいです。処方の規格変更とともに、用法の変更、例えば、1日1回のものであれば、朝から夕に、なども調剤後に報告すれば良くなるといいと思います。(薬局、女性)

処方規格変更

一包化調剤

処方製剤の粉砕や混合

残薬による投与日数調整

服用歴のある配合剤への変更

重複処方の削除

 医師の判断が必要と考える薬剤師が多かった項目と医師・薬剤師が同等の項目の計7つを挙げました。どのように感じられたでしょうか? ぜひ、ご意見をお聞かせください。

 コメントは、弊社薬剤師向けウェブサイトPharmaTribuneウェブ、月刊誌PharmaTribuneに掲載させていただく場合がございます。

 「疑義照会すべき」と考えている割合が薬剤師より医師で高かった2項目はこちらから!

【医師調査】
調査方法:インターネット調査。(株)メディカルトリビューンが運営する医師向け会員ウェブサイト「Medical Tribune」に登録済みの医師にメールにて依頼
調査期間:2016年11月17日~21日
回答者数:医師255人

【薬剤師調査】
調査方法:PharmaTribune 86号(2016年11月)へのアンケート票の同封によるFAX 返信およびPharmaTribuneウェブでのインターネット調査
調査期間:2016年11月15日~12月1日
回答者数:薬剤師381人
勤務先:薬局306人、病院60人(無回答除く)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事・ピックアップコンテンツ

ランキング

  1. 1

    これでSGLT2阻害薬の心腎保護効果は確定

  2. 2

    感染症患者にステロイドはご法度か

  3. 3

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  4. 4

    高尿酸血症治療で腎機能を保持できるか

  5. 5

    アトピー性皮膚炎治療の展望

  6. 6

    "最強の治療法"トリプル吸入療法は諸刃の剣

  7. 7

    食の欧米化で日本人は健康になる

  8. 8

    【ADA2017 私の注目演題】平井愛山

  9. 9

    糖尿病患者の疲労感に「前日の血糖値」が関与

  10. 10

    SGLT2阻害薬+DPP-4阻害薬の併用を評価

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    SGLT2阻害薬+DPP-4阻害薬の併用を評価

  2. 2

    ネット書店にはないサービスを模索

  3. 3

    医師資格を持ちながら医学以外で活躍・・・誰が好き?(医師会員からの投稿)

  4. 4

    わが国の糖尿病の実像が明るみに

  5. 5

    米・HAEの急性発作予防に皮下注薬を承認

  6. 6

    花粉飛散動向⑧来年以降はヒノキ花粉増加か

  7. 7

    世界の肥満関連死、25年で3割増

  8. 8

    これでSGLT2阻害薬の心腎保護効果は確定

  9. 9

    イプラグリフロジン・高齢者で最終報告

  10. 10

    精神科初回入院で退院後死亡リスク16倍

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  みんなのためになる疑義照会を考えよう »  薬剤師が判断してよいのはどこまで? ここは薬剤師さんお願いします。

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R06506438有効期限:6月末まで