メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  広がる持続血糖モニタリングの有効性

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

広がる持続血糖モニタリングの有効性

インスリン頻回注射療法の患者でも確認

北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2017年03月08日 11:40
プッシュ通知を受取る

研究の背景:これまではインスリンポンプ療法で有効性が示されてきた

 24時間の血糖変動を瞬時に把握することができる持続血糖モニタリング(continuous glucose monitoring;CGM)は、これまでにも1型糖尿病患者の血糖管理(HbA1c)の改善や安全性の向上(低血糖頻度の低下)に資することが示されてきた(関連記事)。

 しかし、これらのデータはほとんどがインスリンポンプ療法において示されてきたものであり、多くのインスリン療法患者が行っているインスリン頻回注射療法でも、そのような血糖管理の改善や安全性の向上が得られるかはよく分かっていなかった。

 このたび、JAMA2017;317:371-378)にランダム化比較試験DIAMONDの結果が報告され、インスリン頻回注射療法患者においてもCGMがHbA1cを改善させ、低血糖頻度を少なくさせることが示された。CGMと同様の血糖プロファイルの情報をより簡便に得られるflash glucose monitoring(FGM;関連記事)普及前夜のわが国において、この情報は重要であると考え、ご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  広がる持続血糖モニタリングの有効性