メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  広がる持続血糖モニタリングの有効性

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

広がる持続血糖モニタリングの有効性

インスリン頻回注射療法の患者でも確認
北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2017年03月08日 11:40

研究の背景:これまではインスリンポンプ療法で有効性が示されてきた

 24時間の血糖変動を瞬時に把握することができる持続血糖モニタリング(continuous glucose monitoring;CGM)は、これまでにも1型糖尿病患者の血糖管理(HbA1c)の改善や安全性の向上(低血糖頻度の低下)に資することが示されてきた(関連記事)。

 しかし、これらのデータはほとんどがインスリンポンプ療法において示されてきたものであり、多くのインスリン療法患者が行っているインスリン頻回注射療法でも、そのような血糖管理の改善や安全性の向上が得られるかはよく分かっていなかった。

 このたび、JAMA2017;317:371-378)にランダム化比較試験DIAMONDの結果が報告され、インスリン頻回注射療法患者においてもCGMがHbA1cを改善させ、低血糖頻度を少なくさせることが示された。CGMと同様の血糖プロファイルの情報をより簡便に得られるflash glucose monitoring(FGM;関連記事)普及前夜のわが国において、この情報は重要であると考え、ご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  広がる持続血糖モニタリングの有効性

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10506639 有効期限:10月末まで