メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  スタチンの話題が続きました

編集こぼれ話 編集こぼれ話

スタチンの話題が続きました

 2017年03月09日 07:15
プッシュ通知を受取る

 偶然なのですが、先週は、「非心臓手術の死亡・合併症」「脳卒中の予後」とスタチンに関する適応外での効果に関する記事が続きました。スタチンは、本来の薬効であるLDL-C低下以外の効果が知られており、今回の記事以外にも多くの効果に関する研究が進んでいます。医師会員の記事コメントでは「万能薬」という言葉も飛び出していました。

 私が紹介しました「スタチンでがん死亡リスク低下の可能性」の記事は、4万例を超えるコホート研究の結果で、第27回日本疫学会で報告され、ちょうど報告から2週間後のタイミングで論文も発表されました。スタチン使用者でがんによる死亡率は低かったものの、統計学的有意差は認められなかったという内容です。研究グループは、 "スタチンはがんリスクを上昇させない"と結論付けています。

 有意差はないものの、スタチン投与でがん死亡率が下がる傾向にありました。スタチンはコレステロール低下薬なので「LDL-Cが下がるとがんリスクも低下するの?」と単純に思ってしまいましたが、過去には、LDL-Cが低値だとがんリスクが上昇するとの報告があります(J Am Coll Cardiol 2008; 52: 1141-1147)。報告が相反しており、LDL-C値、スタチン、がん死亡率との関連性の決着はまだ先のようです。今後も新たな知見に注目です。

(慶野 永)

■関連記事

スタチンでがん死亡リスク低下の可能性

非心臓手術時のスタチンに益あり

「脳梗塞直後にスタチン開始」の予後は?

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  連載・特集 »  編集こぼれ話 »  スタチンの話題が続きました

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12506668 有効期限:12月末まで