メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】直接作用型抗ウイルス薬(DAA)

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】直接作用型抗ウイルス薬(DAA)

 2017年03月15日 07:00
プッシュ通知を受取る

 現在、C型肝炎治療の中心となっている直接作用型抗ウイルス薬(DAA)は、C型肝炎ウイルス(HCV)の複製を抑制し、肝細胞内でのHCV増殖を阻害する経口薬で、副作用が少なくウイルス学的著効(SVR)率が高いのが特徴である。2014年に初めてインターフェロン(IFN)フリーDAAが登場し、従来のIFNとリバビリンによる治療が中心だったC型肝炎治療を一新したといえる。2017年3月時点で発売中のDAA(併用、配合剤を含む)はゲノタイプ1型に対するものが5種類、2型に対するものが1種類。一部ではウイルスの耐性変異が問題となっている。高額な薬価も話題となり、DAAの大部分は2016年の特例拡大再算定の対象として薬価が引き下げられた。

■関連記事

C型肝炎治療薬は高額でも費用効果良好

読み解くためのキーワード一覧

記事一覧

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】直接作用型抗ウイルス薬(DAA)

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外