メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病)
 ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病)へ戻る

SGLT2阻害薬はアジア人を救う

EMPA-REG OUTCOME試験サブ解析から

ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病) | 2017.03.17

研究の背景:SGLT2阻害薬はアジア人には向かない?

 2015年のEMPA-REG OUTCOME試験(N Engl J Med 2015;373:2117-2128)の報告は、米食品医薬品局(FDA)をして、SGLT2阻害薬エンパグリフロジンに心血管疾患を有する糖尿病患者の心血管死予防の適応を追加せしめるほどのインパクトがあった(関連記事)。そして、2016年には腎症の発症・進展予防効果も示され(N Engl J Med 2016;375:323-334)、そのあまりに際立った臓器保護効果の機序をめぐって、さまざまな議論が展開されているところである(関連記事)。

 その一方で、当初、SGLT2阻害薬は肥満の若年者に、別な表現をすればアジア人よりも欧米人でよい適応があると見られがちであった。それ故に、SGLT2阻害薬のわが国での広がりは、極めて緩徐であったことは多くの先生が記憶されているであろう。

 このたび、EMPA-REG OUTCOME試験の全7,020例の21.6%を占めるアジア人1,517例を対象にしたサブ解析の結果が、日本循環器病学会の機関誌Circ Jに報告された(2017;81:227-234)。川崎医科大学の加来浩平氏が筆頭著者である。理論通りにはならないからこそ臨床研究は面白く、また、臨床研究の予想外の結果から新たな理論が見えてくることの典型例としてご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事・ピックアップコンテンツ

  1. 1

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  2. 2

    「自転車とEDリスク」関連はあるのか

  3. 3

    食の欧米化で日本人は健康になる

  4. 4

    糖尿病足病変、日本は海外の1割

  5. 5

    糖尿病患者の便秘、腸内環境との関連は?

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  連載・特集 >  ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病) >  SGLT2阻害薬はアジア人を救う

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R05506739有効期限:5月末まで