メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病)
 ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病)へ戻る

SGLT2阻害薬はアジア人を救う

EMPA-REG OUTCOME試験サブ解析から

ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病) | 2017.03.17

研究の背景:SGLT2阻害薬はアジア人には向かない?

 2015年のEMPA-REG OUTCOME試験(N Engl J Med 2015;373:2117-2128)の報告は、米食品医薬品局(FDA)をして、SGLT2阻害薬エンパグリフロジンに心血管疾患を有する糖尿病患者の心血管死予防の適応を追加せしめるほどのインパクトがあった(関連記事)。そして、2016年には腎症の発症・進展予防効果も示され(N Engl J Med 2016;375:323-334)、そのあまりに際立った臓器保護効果の機序をめぐって、さまざまな議論が展開されているところである(関連記事)。

 その一方で、当初、SGLT2阻害薬は肥満の若年者に、別な表現をすればアジア人よりも欧米人でよい適応があると見られがちであった。それ故に、SGLT2阻害薬のわが国での広がりは、極めて緩徐であったことは多くの先生が記憶されているであろう。

 このたび、EMPA-REG OUTCOME試験の全7,020例の21.6%を占めるアジア人1,517例を対象にしたサブ解析の結果が、日本循環器病学会の機関誌Circ Jに報告された(2017;81:227-234)。川崎医科大学の加来浩平氏が筆頭著者である。理論通りにはならないからこそ臨床研究は面白く、また、臨床研究の予想外の結果から新たな理論が見えてくることの典型例としてご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

連載記事一覧

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  連載・特集 >  ドクターズアイ 山田悟先生(糖尿病) >  SGLT2阻害薬はアジア人を救う