メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  結核性髄膜炎とオーサーシップの怖い話

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

結核性髄膜炎とオーサーシップの怖い話

神戸大学微生物感染症学講座感染治療学分野教授 岩田健太郎

2017年03月31日 07:00

30名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images ※画像はイメージです

研究の背景:結核性髄膜炎はまれだが怖い、そして研究は難しい  世界人口の3分の1が感染しているといわれる結核菌。しかし、発症するのはわずかに1割であり、その大多数は肺結核だ。肺外結核、特に中枢神経系を侵す結核性髄膜炎は途上国ではそう珍しくないが、先進国になると比較的まれになる(日本は先進国の中では結...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

薬のデギュスタシオン2

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  結核性髄膜炎とオーサーシップの怖い話