メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑮ 改正道交法の認知症検査、診断責任は誰に

弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! 弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻!

快刀乱麻⑮ 改正道交法の認知症検査、診断責任は誰に

 2017年04月03日 07:15

 道路交通法が改正され、今年(平成 29 年) 3 月から施行されている。この中で、医師にとって関係の深い規定の1つが、運転免許更新時や一定の交通違反を犯した際に警察で行う簡易の認知機能検査の結果、「第 1 分類」(認知症の疑いあり)となった 75 歳以上の高齢者が公安委員会の指示により、認知症であるかどうかの検査・診断を受けることが求められるようになった点であろう。指定医や一般のかかりつけ医にとって心配なのが、「認知症ではない」「運転に支障がない」といった判断をした診断書を作成した場合、診断を受けた患者(ドライバー)が交通事故を起こしたとき、医師が運転をさせたことに寄与したとして損害賠償請求を受けるのではないかとの危惧、ひいては誤診で運転をさせて、交通事故を起こし誰かが死亡したとして、業務上過失致死傷(刑法211条)で告訴されるような事態にならないかという懸念であろう。もちろん逆に、認知症だと診断されたことで運転ができなくなったとクレームが付く場合も十分想定される(本当はこっちがやっかいである)。今回は、この件について解説をしたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑮ 改正道交法の認知症検査、診断責任は誰に

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10506803 有効期限:10月末まで